2024年度全国大会へのお誘い(産官学民の連携に向けて)

公益社団法人日本造園学会は、「産官学民」の会員からなり、公益社団法人として広く「社会連携」を視野に入れています。「学会」が社会連携に果たす大きな役割の一つとは「学識と、その存在を必要とする社会の現場をつなぐこと」だと考えます。

全国大会はそのつながりを生み出す機会を提供します。

産官学民の人的ネットワークの構築は、さまざまな課題解決ののためのつながりでもあります。2024年度全国大会では、造園・ランドスケープ分野の展開に向け、さまざまな目的と問題意識を参加者が共有し議論できる数々のプログラムを準備しています。

公開シンポジウム学術論文発表会をはじめとして、 

  • 社会人も対象とした「U30デザインコンペ」の審査・講評・展示
  • シーズ段階の研究・社会実装まで幅広い情報提供と意見交換が可能な
     「ポスター発表
  • 企業団体から個人まで、活動の発信や交流をおこなう「企画展示
  • 街路樹やOECMへの対応など、より具体的で現実的課題への深い議論により解決を目指す「ミニフォーラム
  • 開催地、尾張名古屋の地で実現した造園・ランドスケープの作品群を実務者の案内・解説により体験する「見学会
    など内容、目的、問題意識、深度もさまざまです。


造園学会は幅広い多岐の分野に渡り、わかりづらい、複雑だ…とのご意見も伺います。しかしその構造は、“枝分かれ”しそれぞれの分野が“樹冠”を形成する樹木を思い浮かべると理解しやすいかもしれません。枝の張り方や近くの“枝”の分野について話を聞くことができることが本学会の面白さであり、全国大会の醍醐味でもあります。ポスター発表や企画展示、ミニフォーラムがそうした場になることを期待しています。

 全国大会は「学」以外、また造園学会会員以外の方も参加を歓迎します。全国大会でのコミュニケーションが簡易なインターネット検索とは異なり、求める情報とその周辺領域を含めて把握でき、求める人へと派生的につながっていく人的ネットワーク構築の機会となることを全国大会運営委員会・企画委員会一同期待して準備を進めています。

ぜひ、名古屋にお越しください。


(文責 企画委員会+全国大会運営委員会 篠沢健太、水内佑輔)

オンライン配信について


オンライン配信のURLは、各プログラムのページに掲示します。

U30デザインコンペ二次審査会公開シンポジウムはパスワードなしで視聴できます。
研究発表会ミニフォーラムは、大会共通パスワードを入力する必要があります。

大会共通パスワードは、6月14日頃にPeatixで申込したメールアドレスに送付します。
現地参加の申込者にも送付します。 

また、ミニフォーラムの一部は期間限定でのアーカイブ配信を予定しています。

なお、2024年度全国大会におけるオンライ配信は、現地参加を補完するものとの位置づけです。
限られたリソースの中での準備であり、マイク、映像機器、ネットワーク回線などのトラブルにより質の高い配信が提供できない可能性があります。
 この点について、あらかじめご理解を賜りますようお願いします。