公園の社会的価値向上のための管理運営指標の試み(その2)


日時:2024 年6月 16 日(日)14:55~16:25

場所:名城大学天白キャンパス共通講義棟北 N105号室

目 的:これからの公園の管理運営には,居心地が良く歩きたくなるまちなかづくりへ貢献し,新型コロナウイルスを踏まえたニューノーマル社会に対応し,心豊かな暮らし(Well-being)の向上に資することが求められている。ワールドアーバンパークス(WUP)が公表している 12 のウエルビーイングに関連した指標に着目して,公園の社会的価値向上に必要な取り組みとそれを測る指標の在り方を議論する。

主な参加者と役割:

司会進行
上杉哲郎(株式会社日比谷アメニス)

話題提供1
竹内智子(千葉大学):都市公園の利用行動調査を踏まえた社会的価値からみた指標づくり(仮)

話題提供2
岩崎 寛(千葉大学):健康に関する評価指標の考え方(仮)

話題提供3
上杉哲郎(株式会社日比谷アメニス):「公園の社会的価値からみた管理運営指標(たたき台)」について(仮)

コメンテーター
小川貴裕(日建設計総合研究所)
林まゆみ(みどり・人・まち研究所/元兵庫県立大学教授)荒金恵太(復興庁宮城復興局)

連携する団体:(一社)パークマネジメント協会

カテゴリーMF